《沖縄》 金城ダム




沖縄関連のブログを書いていて、とても楽しいと感じるのは

写真を整理しながら、そういえば、ここって何なんだろうとか、

行ったことはあるけど、ここにはどんなものがあって、

どんな理由で作られたのだろうとか、

そういうことをネットで調べながら、どんどん沖縄についての

知識が増えていくことが、めっちゃ楽しいのです・・・



画像



今回の金城ダムもその一つ。

普段、東京にいてもダムが近くにあるわけでもなく

わざわざ見学に行くこともない場所。


でも、沖縄で金城町の石畳へ行こうとして、

道に迷ってしまい偶然に見つけたのが金城ダム。

こうやってブログにアップしようと思わなければ

詳細を調べることもなく、ただ、通り過ぎた場所になりがち。


画像



このときは、石畳が目的だったので

ダムはさほどゆっくり見学はしていませんでした。

しかし、金城ダムのHPをチェックしてみたら、

『ダムの敷地内には県指定文化財の

ヒジ川橋及び取り付け道路(石畳道)が横断しており、

これを保存するために貯水池を上池と下池の2つに分けています。』

と書かれていたり、ダムの堤体は首里城の城壁をイメージして、

琉球石灰岩で石張りされているということを知りました。


画像



工事で失われた森林は、積極的に植栽しているそうです。

そういえば、たくさんのお花が咲いていて、とても綺麗でした。


画像



今度、金城ダムへ行くことがあったら、

展示室も見てみたいし、ヒジ川橋というのも見てみたいです。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック